お客様の声

お客様

お名前:羽尾博嗣様
お住まい:上越市
ご職業:歯科医師(羽尾歯科医院春日山院長)
参加プログラム:野尻湖アドベンチャーキャンプ、 信越ツーリングキャンプ、わくわくスキーキャンプ他

参加の動機:
 アウトドアソリューションのプログラムに参加するまでは、仕事柄、週末は東京でのセミナーや勉強会などに出かけ、週末を子どもと一緒に過ごす時間は、あまりなかったような気がします。 そんなときにふと目にとまった新聞記事の中で、文部科学省の行った「子どもの体験活動等に関するアンケート調査」の記事がありました。 この調査は、小学校2・4・6年生及び中学校2年生合計約1万1千人等を対象としたものですが、自然体験が豊富な子どもほど、道徳観・正義感が身についている傾向があるという内容の記事でした。
 私自身の経験からも、子どもが自然とふれあうことはとても良い情操教育とは知っていながら、いざ行動に移すとなると「時間がない」という自分の都合を先に挙げて子どもに携帯ゲームや本を与えて時間を過ごさせている週末もありました。 実際、子どもと一緒に自然とふれあう方法や準備が分からず、ましてや自分が「変わる」ことを面倒くさいことだと感じていたのだと思います。 そんなときに、妻の、いわゆる「ママさんネットワーク」からの口コミで知ったアウトドアソリューション。最初は、長男だけの参加でしたが、あるとき「親子カヤック教室」なるものを聞き、重い腰を上げ友人の親子と参加してみました。

参加してみての感想・感じることのできた成果:
 子どもと自然にふれあいながら時間を共有できたことはもちろん、子どもだけではなく自分自身のストレス発散、心の解放につながったような気がします。 カヤックをこぎながらゆっくりと水面から斜面の緑を見上げる。初めての体験でした。青い空と幾重にも重なる緑の木々のコンストラストの素晴らしさは今でも脳裏に焼き付いています。そして、気持ちよい疲れの後に子どもとほおばったおにぎりと温かい豚汁のぬくもりとおいしさは、子どもと共に自然の中で活動をしたからこそ味わえたものだと感じております。 実際に、参加後は子ども自身の心身の成長が促されるだけではなく、子どもとも会話が弾みますし、次は何に参加しようかとワクワクする気持ちが持てました。

ありがたかったサービス:ハイテク機器と自然体験とのコラボレーション
 自然の中で活動する子どもたちの写真をこまめにリアルタイムでブログにアップしてもらえますので、それを見ただけでも妻との会話に花が咲きますし、夫婦で子どもの成長を喜び、迎えに行ったときに具体的に褒めてあげることができました。
 ブログにアップされる、自然の中での普段にはない子どもの笑顔を見ていると、子どもはやはりテレビや塾やマンガから教わることよりも自然から教えられることの方が自分の「自信」、「心の豊かさ」につながってゆくのではないかと実感しております。

お客様の声

お客様

お名前:T様
お住まい:上越市
ご職業:保育士
参加プログラム:佐渡アドベンチャー2013、
信越ツーリングキャンプ、春スキーキャンプ他

参加の動機:
 小学校に入学し、長期休みが増えました。両親共働きの我が家ですが、児童クラブへ行かせることには抵抗がありました。かといって、毎日留守番をさせるのも心配…。どこか安全で、しかも子どもたちが喜んで過ごせるところはないかと探しました。そこで見つけたのが、i專門学校や、アウトドアソリューションのような子どもキャンプを行う団体でした。
 最初は、子どもを参加させる動機に、逞しく育ってほしいだとか、自然体験をさせてほしいだとか、そんなすばらしい理由は特にありませんでした。

参加してみての感想・感じることのできた成果:
 ディキャンプには特に心配もなく行かせていたのですが、初めての長期キャンプ(i專門学校主催)に行かせたときは、行かせたことをすぐに後悔しました。毎日空を見上げては、雨は雷はと心配し、夜も眠れなかったことを覚えています。しかし、キャンプから帰ってきた子どもたちの満足そうな顔と、もっとキャンプをしていたかったという表情を見たとき、よい経験をさせてもらったと心から感謝しました。また、親としても貴重な時間を過ごせたことに気づきました。

 その後は、キャンプの案内が来るたびにスケジュールを調整しながらより多くのキャンプに参加することになりました。特にアウトドアソリューションのキャンプでは、仲良しの友達もできるほどでした。夏休みの半分をキャンプで過ごす年もありました。キャンプに送り出すたびに天気を心配したり、何をしているかと気になったりするのですが、親の心配をよそに大満足な表情で子どもたちは帰ってきます。その顔見たさに、毎回親子の再会を楽しんでいる私です。

 最近はアウトドアソリューションのキャンプへの参加率が高いです。それは、大澤代表の自然体験に対する考え方、子どもへのメリハリのある対応、キャンプ中の安全対策など、親として共感できることが多くあることと、何よりも安心感があることが理由です。イベントに参加することで、すぐに目に見える「成果」もありますが、どちらかというとじわじわとにじみ出てくる「成果」の方が多いですね。なんとなく逞しくなったなぁと感じる今日この頃です。

ありがたかったサービス:
・ブログに活動の様子を掲載してもらえます。子どもの様子がわかり、安心感が増します。
・活動後のスタッフからの個々の報告も丁寧で、キャンプ中の様子がよくわかり、子どもとの会話が弾みます。
・子どもの参加したいという気持ちを大切にし、年齢や体格に合わせてフォローやアドバイスを積極的に行ってもらいました。また、検討の結果、参加が無理な時は遠慮なく言ってもらえたことも安心感がありました。

参加者の声

お客様

お名前:T・Oさん
お住まい:妙高市
年齢:13歳

キャンプに参加して思ったこと:
 私は、アウトドアソリューションのキャンプに小学校2年生の時から参加させて頂いています。 1番最初に参加したのは、日帰りの大池で行ったカヌーか、大池の近くで行ったデイキャンプです(どっちか覚えていません(^_^;))
 私のように何年も前から参加している方が何人もいて、実はこのころから仲良くさせて頂いたり、一緒に遊んだりしていましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ お勧めというか、私が特に印象に残っているプログラムは、夏休みに行う野尻湖アドベンチャーキャンプ、春休みに行う春スキーキャンプの2つです。
 野尻湖アドベンチャーキャンプは、私は運動が得意じゃないタイプだったので、もはや友達に会いたいが為に行ってる感じでしたヽ(´o`; ですが、アウトドアスポーツに取り組む事は大変良い事だと思いますし、キャンプなので他の人との宿泊もします。なんというか、忍耐力と友情が同時に育めてしまうので、運動したくないな?っていう人とか、友達出来るか不安だな?っていう人、是非参加した方が良いと思いますよ(((o(*゚▽゚*)o)))友達は絶対出来ますよ!多分!
 そして、春スキーキャンプは、妙高の特色を活かしたキャンプですので、初めての人も、余裕!って人も、スキーに慣れる&レベルアップの為に参加する事をお勧めします。アウトドアソリューションは、私から見てもスタッフの対応がとても良いです。特に冬。発達障害をお持ちの方への対応も充実しており、差別などされず、他の子と同じようにのびのびと活動が出来ます(^_^)v
 春スキーキャンプは、色々なスキー場を巡ってとことん滑ります。うん、楽しすぎます。
 春スキーキャンプが楽しかったもう1つの理由としては、私がスキーだけは少し得意だったからですかね。本当に誰でも楽しめるイベントです。言葉に表せないほどの沢山の思い出が出来ると思います♪( ´▽`)私も含め、疲れながらも笑顔で満足そうに帰っていく参加者の皆様の顔を何度も見ていますので(⌒▽⌒)
 そして、最近追加されたメインイベント「佐渡サイクリングキャンプ」というのがあります。以前からサイクリングキャンプはあるのですが、佐渡に行くようになったのは私が小学校5年生の時ですね。しかも佐渡一周です。つまり、まったりしているという事を除けば佐渡ロングライドと似たようなものです。先程も書きましたが、私は運動がダメダメなので、本当に辛いものでした。しかし、運動レベル底辺(長座&反復横跳び以外は平均を超えられないレベルです)な私でも佐渡一周達成する事が出来ています。しかも2回。例え体力が劣っていても、諦めなければ必ず出来ます!頑張りましょう(*゚▽゚*)
 キャンプの感想は以上です。全て私の主観ですので、参加した他の皆様がどう感じているかは分かりませんが、とにかく挑戦する事が大事だと思います♪とりあえず、1度でもこのキャンプに参加することを全力で推奨します(=´∀`)人(´∀`=)
皆様がキャンプに参加して、豊かな心を育んでくれることを願っています。

© 2010 Outdoor-Solution. All rights reserved.